FDOプレミアム
FDOプレミアム

真木栗ノ穴

真木栗ノ穴
※画像出典:Yahoo画像検索(https://search.yahoo.co.jp/image)

真木栗ノ穴の無料動画を見る

  • U-NEXT
    31日の無料期間、12万本以上の動画が見放題の人気サービス!
    大人気の放映中アニメや映画も、もちろん見放題!
    ※時期によって視聴可能な作品が変更されるため、現時点での情報は再度ご自身で確認してください。
  • FOD
    今ならAmazonアカウントで登録すれば、2週間無料で見放題!毎月1300Pもらえるキャンペーンも実施中!

真木栗ノ穴の基本情報

◆国内映画概要
ひとりの男が、窓越しに頭をかきながら小説を書いている。男の名は真木栗勉(まきぐり べん)。売れない小説家だ。いつ建てられたかもわからない古い木造アパートで小説を書く日々。真木栗は銭湯に行く途中、行きつけのラーメン屋に寄った。そしてそこの年増の従業員、沖本シズエから自宅に来るように誘われる・・・。その女の家から自分のアパートに帰った真木栗が見たのは、荒らされた部屋だった。意気消沈する真木栗だったが、部屋の壁に目をやると小さな「穴」が目に入った。その穴の向こうには、佐々木という男がいた。翌朝、畳の上で目が覚めた真木栗は、昨日とは別の「穴」を見つける。穴はふたつになっていた。新しい穴をのぞくと、人は居らず、ちゃぶ台だけが見えた。突然、部屋をノックする音が聞こえ、ドアを開けると、ひとりの男が立っていた、置き薬の売り込みの男、細見だった。細見は、何かと真木栗の世話を焼こうとした。部屋を片づけ、お茶を出す。何かが歪み始めていた。いつものようにラーメン屋に行くと、沖本という従業員が、色目を使って男を誘い、その隙に別の男を盗みに入らせる手口で捕まったと聞かされる。まさに自分のことだ。真木栗は黙って聞くしかなかった。するとそこに、その事件を調べていた週刊誌の編集者・森本飽夫とその部下、浅香成美がやってきた。当事者の真木栗がいることがわかると取材を始める森本だったが、真木栗の窮乏を知ってか知らずか官能小説の執筆を依頼するのだった。しかし、真木栗に書けるはずもなく、ただ時間だけが過ぎていった。
※出典:music.jp
◆制作年
2007
◆エグゼクティブプロデューサー
今村悦朗
◆キャスティング
岩淵規
◆スチール
鈴木さゆり
◆プロデューサー
丸目博則、岩淵規
◆メイキング
谷口英之(株式会社タンバリンピクチャーズ)
◆主題歌
椿TSUBAKI
◆企画・プロデューサー
倉谷宣緒
◆企画・制作
株式会社ベンテンエンタテインメント
◆作詞
マシコタツロウ
◆制作プロダクション
べんてんムービー
◆制作協力
株式会社メディアンド
◆助監督
桑原昌英
◆効果音
植松俊太
◆原作
山本亜紀子
◆撮影監督
髙間賢治
◆照明
上保正道
◆特殊メイク
梅沢壮一
◆監督・脚本
深川栄洋
◆編集
岩谷和行、宮武由衣
◆美術
鈴木伸二郎
◆衣装・メイク
岩橋奈都子
◆装飾
山下順弘
◆製作
株式会社ネオ、株式会社ライツマネジメント
◆録音
塩浜雅之
◆音楽
平井真美子、采原史明
◆音楽プロデューサー・作曲・編曲
Face2fAKE、AchillesDamigos、Oh!Be大羽義光
◆ジャンル
FDOプレミアム
FDOプレミアム